スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト | │ - | - | by スポンサードリンク


千代田区環境対策積極的!?
千代田区は、大規模な建物にエネルギー面での温暖化対策を義務付ける方針だ。今年10月ごろの条例制定を目指している。

CO2削減の一環として、一定以上の規模の「特定プロジェクト」には、新エネルギーを活用しなければならないこととする。新エネルギーの具体的な内容は未定だが、現時点で区が想定しているのは太陽光や風力による発電、バイオマス(燃料などになる生物系廃棄物)や地熱の利用など。


千代田区が転職者にとって人気のエリアなのは、ビジネスを常にリードする都市であるから!ビジネスを常にリードする都市は経済、環境、政治にもクリーンであるべき?
そんな感じではやはりこの取り組みはいいのだと思います。大変でしょうけど“nothing ventured, nothign gained”ですので、苦しみからよりよりものは産まれます。

転職者にとってもより良いシティーになると良いです。
千代田区環境対策積極的!? | 00:04comments(0) | trackbacks(66) | by 千代田区の転職


千代田区から始まった『禁煙条例』
千代田区は路上喫煙禁止をいち早く導入した区として有名ですが、本日また以下のような事例が発表されました。check please.

千代田区は、全国で初めて制定した罰則付き路上禁煙条例(生活環境条例)で、喫煙マナーの向上を呼びかける啓発員制度を創設。二十九日、百四十六人に委嘱した。

啓発員はカード形式のPR用チラシを手渡して条例順守などを呼びかける。日数や時間などの定めはなく、日常生活の中で無理なく活動。腕章と啓発員証を持ち、違反者に声をかけ、啓発員であることを名乗り、たばこの火を消してもらう。

条例に基づく違反者に対する一件二千円の過料をとれるのは区職員の指導員だけなので、過料はとらないが、区は啓発員による注意喚起で条例の実効性を高めたいとしている。

とのことですが、僕は最近は全くと言っていいほど喫煙者を見ません。(果たして必要あるのだろうか?)

まぁ、マナーの守れない喫煙者には千代田区は転職先として今後もかなり厳しいエリアになりそうです。
タバコを吸いたい転職者は地方都市へ行くときかもしれまませんね・・・
おそらく千葉当たりはまだタバコ天国かもしれません。
千代田区から始まった『禁煙条例』 | 23:53comments(0) | trackbacks(71) | by 千代田区の転職
| 1/1PAGES |